news

MABOROSHIの新ラインナップ「Fragrance Mist」茶/苔/檜の3種が10月16日発売

MABOROSHIの新ラインナップ「fragrance mist」茶/苔/檜の3種が10月16日発売
We added “fragrance mist by maboroshi” to the new line-up this autumn.

『“香”を通し、日本の美意識である“和み”のある日々を創造したい』と云う私たちの構想に、調香師のバルナベ・フィヨン氏が共感・賛同して、西洋の“香”の概念が加えられた新ライン「fragrance mist」が誕生。

香りは奥深く立体的で、優しい結界に包まれ安らぎを得たのちに、その香りの結界は曖昧となり、心の静けさを取り戻してくれます。そして時間の経過とともに進化し、そこに私たちの物語が生まれます。
香りのテーマは「tea/茶」「moss/苔」「hinoki/檜」の3種。バルナベ氏が日本の原風景からインスピレーションを得て、フランスで作られた天然精油の複雑かつ深い香りを、お楽しみください。

調香師 Barnabe Fillion
「自然の美しさ、日本の美意識が込められた香り」
Barnabe Fillionは「美しい自然の持つ魅力とその景色を香りに閉じ込める」ことで知られ、ヨーロッパを中心に世界中のブランドの調香を手掛ける調香師です。植物学の研究と共に、ヨーロッパにおける伝統的技術を学び、自然とその恵みである天然素材を愛しています。多くの旅を通して、人や文化との交流、そして素晴らしい素材との出会いが、彼の魅力ある香りづくりに活かされています。
今回、『“香”を通し、日本の美意識である“和み”のある日々を創造したい』と云う私たちの構想に、Barnabeが共感・賛同。数多くのプロジェクトの経験と自分の可能性を注ぎ込んだという、彼のメッセージを体現した“日本の自然観”に“西洋の香”の概念が加えられたfragrance mistが誕生しました。


素材について
We have chosen with care the best organic ingredients.
私たちはオーガニックにこだわって、丁寧に天然素材を厳選しています。MABOROSHIでは、「良い香り」とは自然の中に自らを委ねる事であり、香りと人を分けるのではなく、お互いが自然の一部であることを再認識することが大切であると考えています。

取扱店
「GEN GEN AN幻 in SHIBUYA」
これまでの飲食店という姿から、2021年10月16日、豊な時間を過ごすための茶葉と道具を扱う店舗へとリニューアル。
店内では「お茶」と共に新たに「香り」のテーマを加え、「使い続ける」や「自然に配慮」を体現している品々を厳選。『MABOROSHI』唯一の販売店舗であり、その他にも日本で一番古い歴史をもつ手作り茶筒の老舗『開化堂』や、「美しい最高のティーバッグ」をテーマに茶葉作りを行う『EN TEA』の商品を取り扱う。

住所:東京都渋谷区宇田川町4-8 1F 営業時間:12:00-18:00 定休日:月

戻る
次へ